有期雇用者の無期転換ルールに特例を措置へ

東京都千代田区で社会保険労務士(社労士)をお探しの方は山本事務所へ。人事や労務相談のことで必ずお力になれます!!

有期雇用者の無期転換ルールに特例を措置へ

労働契約法に基づく有期契約労働者の無期転換ルールに関して、有期労働契約が通算して5年を超えても無期転換申込権が発生しないという特例などを定めた特別措置法が、3月7日に国会に提出されました。 
 同法によると、特例の対象者は次の2種類です。



①「5年を超える一定の期間内に完了することが予定されている業務」に就く高度専門的知識等を有す  る有期雇用労働者(賃金が厚生労働省で定める額以上である者)

②「定年(60歳以上の者に限る)に達した後に有期契約で継続雇用される高齢者

②については正社員が定年後に有期契約労働者になった場合と60歳未満の時点で有期契約労働者  であった者が60歳以降も有期契約で更新されている場合では取扱いが違うことを注意して下さい。


詳細は下記厚生労働省のHPで確認して下さい。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000037303.html

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11301000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Keikakuka/0000037312.pdf#search='%E6%9C%89%E6%9C%9F%E9%9B%87%E7%94%A8%E8%80%85%E3%81%AE%E7%84%A1%E6%9C%9F%E8%BB%A2%E6%8F%9B%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB'


東京23区
千代田区 - 中央区 - 港区 - 新宿区 - 文京区 - 台東区 - 墨田区 - 江東区 - 品川区 - 目黒区 - 大田区 -
世田谷区 - 渋谷区 - 中野区 - 杉並区 - 豊島区 - 北区 - 荒川区 - 板橋区 - 練馬区 - 足立区 - 葛飾区 -
江戸川区
※東京23区外、東京都内のお客様は一度ご連絡下さい。要相談でしっかりサポートさせて頂きます。

ページ上部へ