時間外労働の上限規制は罰則付きで強化

東京都千代田区で社会保険労務士(社労士)をお探しの方は山本事務所へ。人事や労務相談のことで必ずお力になれます!!

時間外労働の上限規制は罰則付きで強化

 労働政策審議会は6月5日、36協定における時間外労働の上限について、現行の限度基準の公示を法律に格上げした上で、罰則による強制力を持たせることが適当であるとするなど、時間外労働の上限規制等に関する建議を厚生労働大臣に行いました。
 建議では、時間外労働の上限は原則として月45時間、年360時間とし、臨時的な特別な事情がある場合の特例として、年の上限は720時間としています。
 

 また、年720時間以内において、一時的に業務量が増加する場合でも最低限上回ることができない上限として、①休日労働を含み、2カ月ないし6カ月平均で月80時間以内、②休日労働を含み、単月で100時間未満、③原則(月45時間)を上回る回数は年6回まで、とすることが適当だとしています。
 建議を受け、厚生労働省では労働基準法関連の改正案に策定に着手し、秋の臨時国会の提出する構えです。



東京23区
千代田区 - 中央区 - 港区 - 新宿区 - 文京区 - 台東区 - 墨田区 - 江東区 - 品川区 - 目黒区 - 大田区 -
世田谷区 - 渋谷区 - 中野区 - 杉並区 - 豊島区 - 北区 - 荒川区 - 板橋区 - 練馬区 - 足立区 - 葛飾区 -
江戸川区
※東京23区外、東京都内のお客様は一度ご連絡下さい。要相談でしっかりサポートさせて頂きます。

ページ上部へ