東京の千代田区社会保険労務士(社労士)山本事務所の特徴

東京都千代田区で社会保険労務士(社労士)をお探しの方は山本事務所にご相談下さい。人事や労務相談のことで必ずお力になれます!!

「社会保険労務士」「社労士」は、労働・社会保険に関する法律、
人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素、
「ヒト」・「モノ」・「カネ」のうち、
人の採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、
さらに年金の相談に応じる、人に関するエキスパートです。
職場環境の改善から記帳業務の代行など、企業の成長を
サポートさせて頂くことを主な業務になります。

社会保険労務士の定義は、「社会保険労務士法に基づき、毎年一回、
厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、
2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える
社会保険労務士名簿に登録された者」
と法律により定められています。

社会保険労務士は、国家試験である「社会保険労務士試験」に合格したからといって、すぐに活躍ができる訳ではなく、社会保険労務士事務所などで2年間以上の実務経験を積み、全国社会保険労務士連合会の名簿に登録することで、やっとプロの「社労士」として社会で活躍することができます。

「企業の健全な発展とそこに働く労働者の方々の福祉の向上」
をモットーとして、社会保険労務士(社労士)は、労働・社会保
険諸法令に基づいて、行政機関に提出する提出書類や申請書等
を依頼者に代わって作成する事務をはじめ、備え付け帳簿、書
類等の作成など記帳・申請代行と、人事・労務管理に関するコ
ンサルティング
を、主な業務として活動しています。

社労士の業務は「社会保険労務士法」という法律に基づいて
その内容が決まっています。
社会保険労務士法で決められた一定の仕事に関しては、
社労士が行うことができず、社労士以外はしてはいけない、
社労士の「独占業務」となります。

これが、社会保険労務士法の第2条の1号と2号とに規定
されていることから、「1号業務」「2号業務」といわれ、
1号業務が「帳簿書類作成業務」で、2号業務が「届出作成・
申請代行業務」
になります。
これに対して、社会保険労務士法第2条の3号に規定されているのが、いわゆる「コンサルティング業務」と言われるもので、「3号業務」と分類し、コンサルティング業務は社会保険労務士以外の方でも、報酬をもらって行なうことができます。

  • ・就業規則の作成・変更
    ・雇入通知書の作成
    ・賃金台帳の作成
    ・労働者名簿の作成
    ・労使協定
    ・社会保険、労働保険等の社内証明書

  • ・年金に関する届出作成・請求申請
    ・社会保険の各種届出の作成・申請
    ・労災保険の各種届出の作成・申請
    ・労働保険の各種届出の作成・申請
    ・雇用保険の各種届出の作成・申請
    ・労働基準法の各種届出の作成・申請

  • ・労働時間等の労働条件について
    ・賃金制度の設計
    ・人事関係
    ・個別労働関係紛争の未然防止と解決
    ・安全衛生管理
    ・福利厚生 など労使間の諸問題

会社を運営している方や職場で立場のある役職の方であれば特によく考える
「職場のトラブルを解決したい」「社員のやる気を上げたい」
そういった企業・職場の悩み、特に「人」に関わる問題を解決することを
得意とする「人事のスペシャリスト」が社会保険労務士です!!!

「企業は人である」の考え方から、その企業で働く人たちをサポートするため、
労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、
第三者の公正な処置で社内の環境をより良く改善し、
会社がより発展するように努めるのが私たちの仕事です。

雇用問題から保険手続き、煩雑となる行政の提出する書類の作成代行まで、

そのすべての問題を一手に引き受け解決致します!!

東京23区
千代田区 - 中央区 - 港区 - 新宿区 - 文京区 - 台東区 - 墨田区 - 江東区 - 品川区 - 目黒区 - 大田区 -
世田谷区 - 渋谷区 - 中野区 - 杉並区 - 豊島区 - 北区 - 荒川区 - 板橋区 - 練馬区 - 足立区 - 葛飾区 -
江戸川区
※東京23区外、東京都内のお客様は一度ご連絡下さい。要相談でしっかりサポートさせて頂きます。


ページ上部へ